手提げ袋はオリジナル制作をすると便利

手提げ袋はとても便利なものです。
通学や通勤でお弁当や水筒などを入れるときにサブバッグとして使うことが出来ます。
買い物をする時にエコバッグを持ちレジ袋を使わないようにすると環境を守ることにも繋がります。

Yahoo!ニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

一つのバッグに全ての荷物を入れてしまうよりも、手提げ袋に必要なものを分けている方が物を取り出しやすい場合もあります。
そんな便利な手提げ袋の利便性をさらに追及するには既成品ではなくオリジナルのものを制作することです。



自分の手で一から制作することで多くのメリットが得られます。

まず一つはサイズを調整できると言うことです。


エコバッグやサブバッグに使えそうなミニサイズのトートバッグなどの手提げ袋は大変豊富な種類で販売されています。


しかし、自分が使うに あたって最も適したサイズ感が得られないこともあり得ます。

小さすぎると必要なものが入らないし、大きすぎても持ち歩くには邪魔になってしまいます。
そういったサイズ感の問題を解決できるのがオリジナルで制作することです。



また、既成の手提げ袋を使っている時に、「内側、または外側にポケットが欲しい」「バッグをファスナーで閉じたい」と思うこともあるでしょう。
オリジナルで制作すると、自分が欲しいと思っている機能を十分に備えることが出来ます。

何を入れるために使うか、どこへ持っていくか、などの目的や状況に応じた万全なものを作ることが出来ると日常の行動が少しでも効率よくなると思われます。

関連リンク

オリジナルの手提げ袋のメリット

お弁当や水筒、教科書、化粧品、細々とした雑貨類、等々ちょっとしたものをメインに使っているバッグとは別に入れておきたいときに便利なのがサブバッグです。そのサブバッグに使うバッグは人によって大きさも素材も様々だと思われます。...

more

手提げ袋はオリジナル制作をすると便利

手提げ袋はとても便利なものです。通学や通勤でお弁当や水筒などを入れるときにサブバッグとして使うことが出来ます。...

more