オリジナルの手提げ袋のメリット

お弁当や水筒、教科書、化粧品、細々とした雑貨類、等々ちょっとしたものをメインに使っているバッグとは別に入れておきたいときに便利なのがサブバッグです。そのサブバッグに使うバッグは人によって大きさも素材も様々だと思われます。
最近ではサブバッグ使いとして便利なサイズのミニトートなどが多く出回っているので、それで十分という方もいるでしょう。

しかし、こだわりを持つ人におってはサブバッグの大きさなどはとても重要事項です。


既成のものでは持ち手の長さが気に入らない、大きさが足りない、または大きすぎるなどの悩みが出てくるでしょう。

毎日新聞はとにかくお勧めです。

そうなると一番の解決策はオリジナルの手提げ袋を作るということです。



サイズも形も素材もデザインも自由自在にオリジナルで作ると自分にとって最も最適な手提げ袋を手に入れることが出来ます。
バッグを普段使いする時に、意外と持ち手の長さというのは重要になってくると思われます。

長すぎても持ちにくいし、短すぎても不便になります。


オリジナルの手提げ袋ならば、自分の使い方に合わせて持ち手の長さを決めることが出来るというのが大きなメリットでしょう。


そして最大のメリットはなんといっても自分でサイズ感を調整できるということです。大きすぎたり小さすぎたりということがないように、自分が何を入れるために使うかを想定したサイズで作ることが出来ます。



バッグ作りの才能に長けた人ばかりではないと思われますが、少々のミスは愛嬌です。


自分で作ると自然と愛着が持てるようになると思われます。既成のもので妥協してしまう前に、自分の手で作ってみるということも選択肢に入れておくと良いでしょう。

関連リンク

オリジナルの手提げ袋のメリット

お弁当や水筒、教科書、化粧品、細々とした雑貨類、等々ちょっとしたものをメインに使っているバッグとは別に入れておきたいときに便利なのがサブバッグです。そのサブバッグに使うバッグは人によって大きさも素材も様々だと思われます。...

more

手提げ袋はオリジナル制作をすると便利

手提げ袋はとても便利なものです。通学や通勤でお弁当や水筒などを入れるときにサブバッグとして使うことが出来ます。...

more